中間予想

2019阪急杯 登録馬見て雑感。

少頭数の中山記念と打って変わって混戦模様の阪急杯。

そもそも昨年のスプリント王ファインニードルが引退、ド根性で走り抜けたラブカンプーも始動戦のシルクロードステークスで惨敗でさらに混沌としている短距離界。

新星ダノンスマッシュに次ぐ馬が現れるかどうかですが、このメンバーを見渡す限りは…どんぐりの背比べでしょうか。

では狙ってみたい馬を簡単に考察。

2018阪急杯

ミスターメロディ

昨年のファルコンステークスの勝ち馬。その後は勝ちきれないですが好走。ここは本番の高松宮記念を見据えてカッコをつけたいところ。同条件の阪神カップも2着しているようにコース適性は問題なし。先行からひと脚使えるので軸としては最適か。スプリンターとしてのポテンシャル相当と見てます。

エントシャイデン

3連勝で重賞再挑戦。ディープ産駒だけに成長力に疑問符でしたが、メンタルとフィジカルが噛み合ったか抜群の瞬発力を発揮。開幕週の阪神だけに前残り警戒ですが、そこまで強力な先行馬もおらず、好位〜中団につければ差し切れるくらいの勢いは感じます。矢作厩舎の二頭出し、勢いある坂井瑠星騎手も怖い。

リョーノテソーロ

上記二頭と同じく4歳馬。9月から使い詰めで来ていてあまり上積みは期待できないですが忙しい1200mよりは1400mが合うかも。平坦より坂がある方が差し脚を発揮できそう。とはいえ開幕週であまり高速決着になると厳しいか。

ロードクエスト

前走東京新聞杯で三浦皇成騎手で1発狙いましたが4着。スワンステークスを勝っていますが基本的には人気ではアテにできない馬。川田騎手とのコンビも注目です。血統的にも昔のイメージほど斬れるタイプでもないのである程度はポジション取って欲しいなと思います。中団あたりからひと脚使えれば圏内も。

あとはタイムトリップ、リライアブルエースあたりも狙ってみたいですね!

ではまた週末に!

ABOUT ME
トモゾー
84年生まれ、二児のパパ。転勤族、出張族。出張先での飲み歩きでお酒(特に日本酒)を楽しむ。 このブログは趣味の競馬と飲み歩き中心ですが、思ったことをテキトーに綴るユルいブログにしていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です