競馬予想

2019弥生賞振り返り。皐月賞本番に向けて狙いたいのは?

うーん、重馬場まで悪化するとは予想しておらず…

難しいレースになりましたね。

しかしメイショウベルーガの仔が重賞制覇、個人的には感慨深いです!しかもクラシックの王道弥生賞ですからね。

お兄さんのメイショウテンシャは500万条件で頑張ってますが3歳秋には神戸新聞杯にも出走しましたしなかなか良い仔出しですね。

では弥生賞の有力馬や次走注目馬を中心に振り返り。

2019弥生賞

まずはラストドラフト。これはまず乗り替わりと馬場悪化が痛かったか。とはいえサトノラディウスにまで先着されるとは…皐月賞当日、良馬場であれば巻き返せるポテンシャルはあると思いますが、もう少し馬体も含めてパワーアップが必要かも。皐月賞は穴を狙うなら先行馬!の理屈でいくとここで負けて美味しい配当になる可能性も…

ニシノデイジーはカントルとの接戦を制して4着確保。1番無難なレースをしたかなと思います。課題の折り合いもまずまずで、先頭のラストドラフトを見ながら先行。勝負所からは最内のカントルと馬体を併せてしぶとく競り勝ち。外からメイショウテンゲン、シュヴァルツリーゼ、ブレイキングドーンに交わされたものの悲観する内容ではないかと。ひと叩きして本番で良化すればやはり実力上位。ホープフルステークスから直行のサートゥルナーリア、共同通信杯のダノンキングリー、スプリングステークス組との比較になりそうです。

ブレイキングドーンは馬場が良かったかなと。本番が例年のように高速決着だと厳しいかもですが昨年のように渋った馬場なら適正はピカイチ。今後はダンビュライトのような気まぐれさんになっていきそうな予感。

2着に食い込んだシュヴァルツリーゼはいかにもハーツクライ産駒。キャリア1戦でまだまだレースぶりが雑ですが、能力は確か。トニービンらしい不器用な走法でいかにも東京向き。4コーナーもだいぶ膨らんでいたので多頭数になる皐月賞本番も不安はありますが、伸びしろと上積みは大きいので穴馬としての期待はあります。

カントルは思った以上にしぶとく脚を使えたのを評価したい反面、悪い馬場でミルコ兄さんのゲキに応えて一生懸命走った反動が出なければ。ダービーに向けてプリンシパルステークスか青葉賞でどんな走りを見せるか再度注目ですね。

勝ったメイショウテンゲンは本番ではどうでしょう…ちょっと馬場も含めてハマった感が強いので人気するようだと嫌いたいかな。まだまだ荒削りなので、秋以降菊花賞よりは中距離路線で活躍してくれれば…と思います。

以上振り返りでした!

今日の弥生賞から皐月賞で狙うなら…ニシノデイジーかな。

ABOUT ME
トモゾー
84年生まれ、二児のパパ。転勤族、出張族。出張先での飲み歩きでお酒(特に日本酒)を楽しむ。 このブログは趣味の競馬と飲み歩き中心ですが、思ったことをテキトーに綴るユルいブログにしていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です