中間予想

2019中山牝馬ステークス結論!斤量魅力、ハイペースを活かして勝ち切る!

さてもう週末ですねー。

地方競馬は今週はボチボチでしたが、やっぱりレース数を絞らないと回収率伸びないですね。

無駄撃ちが多くなるのが反省です。

てことで中央競馬も今週は重賞のみに絞ります!(基本ブログには重賞しか載せわないですが、ちょこちょこ買ってるもので…)

反省活かすぜぃ!

では中山牝馬ステークス結論を。

2019中山牝馬ステークス

◎ウラヌスチャーム
○ワンブレスアウェイ
▲アドマイヤリード
★フロンテアクイーン
△ノームコア
△クロコスミア
△ランドネ
△カワキタエンカ
△デンコウアンジュ
△フローレスマジック

まあずいぶん手広くなりました笑

展開としては逃げ馬複数の中で、1番内のカワキタエンカがハナをとるか。以下ランドネ、クロコスミア、ミッキーチャームと続くかな。ミッキーチャームは今後もあるし今回は無理せず控えそうな予感。

おそらく1000m通過は59秒前後でミドル〜ハイペース。展開縦長で4コーナーで一気に詰まってくるはず。

先行馬が下がってくると内がごちゃつきそうで真ん中から外を差してくる馬を有力視しました。

で、◎ウラヌスチャーム。

前走愛知杯は先団の後ろから脚を伸ばすも直線で窮屈なシーンもあり4着。通常のカメラアングルだとわからないですが、パトロールビデオだと内からコルコバードが外へ膨れ気味、そこに外からノームコアに被せられ、前はワンブレスアウェイが外へ内へフラフラ。スムーズさを欠いています。

6枠9番ということで道中もスムーズに流れに乗れそうで直線うまく外に持ち出せれば突き抜ける脚はあるはず。斤量も53kgと他の有力馬より恵まれました。ミナリク騎手がピンとこないですが、今年の馬券内に入った27レース(10-9-8-99)の成績を見るとほぼ人気以上に持ってきています。重賞での活躍が少ない分地味ですが、複勝率21.4%なら優秀とみていいのではないでしょうか。重賞では18年共同通信杯でエイムアンドエンドを10番人気で3着に持ってきています。

〇ワンブレスアウェイは出遅れ癖が少しマシになって安定。オープン昇格の17年秋~18年春はとにかく出遅れて勝負にならずでした。今回のメンバー中、オープン・重賞で牡馬混合で掲示板に乗れてるのはこの馬とアドマイヤリードくらい。クロコスミアはGII出たり海外行ったりとメンバーが強力過ぎて参考外ですが・・・ ともかく大外枠がプラスではないですが、ポンとスタート出て好位で流れに乗れれば底力は上位。斤量54kgも前走から据え置きなら買いやすいですね。

以下トップハンデ56kgが課題も唯一のGI馬アドマイヤリード。中山金杯でも同じく56kg背負って53kgのタニノフランケルに迫って僅差の4着。引退レースになりますが父ステイゴールドのように有終の美を飾れるか。

馬券は三連複◎ー〇▲★ー印の馬へフォーメーション21点。

馬連◎〇▲★ボックス6点。

以上で行きます!

当たりますように!

ABOUT ME
トモゾー
84年生まれ、二児のパパ。転勤族、出張族。出張先での飲み歩きでお酒(特に日本酒)を楽しむ。 このブログは趣味の競馬と飲み歩き中心ですが、思ったことをテキトーに綴るユルいブログにしていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です