競馬予想

2019金鯱賞結論!充実期に入ったこの馬から!

おはようございます。

昨夜は福岡の日本酒『田中六五』を飲みながら子どもの数年前のビデオカメラの動画を見ながらホッコリ。

布団で寝かせつけてると一緒に寝てしまって今に至る…

で、サクッと結論行きます!

2019金鯱賞

◎リスグラシュー
○アルアイン
▲エアウィンザー
★ギベオン
△ペルシアンナイト
△タニノフランケル
△サトノワルキューレ
△メートルダール
△ムイトオブリガード

はい、ダノンプレミアムは今回はお手並み拝見で消しとします。故障でダービー以来の実戦、乗り込み十分とはいえ万全ではないしそもそも2000mは守備範囲ギリギリかなと思います。同世代同士の弥生賞ではワグネリアンを下してますが、中山での適正の違いもあったはず。またダービーは距離をごまかすように控えての競馬、伸びかけたところで進路がなくなるアクシデントとはいえ突き抜けることができず。本当に力が抜けていれば、割ってこれたのでは…と思っています。
今回は古馬一線級が相手になりますし、すんなり勝たせてくれるほどヤワではないはず。
インティみたいな競馬で圧倒されたら…その時はごめなさいです笑

◎リスグラシューは道悪、休養明けも苦にしないタイプ。昨秋は2200.2400mでモレイラ騎手を背に好走しましたが2000mくらいがベスト。ここは勝ち切ってほしいところ。

○アルアインは北村友一騎手が負傷のため柴山騎手に急遽変更になりましたが、今回からブリンカー着用。行きっぷり良く先行できれば皐月賞馬の底力を見せてくれるはず。一押し足りない部分を補えれば。
以下エアウィンザー、ペルシアンナイトらも有力。ペルシアンナイトは特に同厩舎のアルアインと前後の着順に来ることが多いので休み明け初戦2000m、叩き台のミルコ兄さんとはいえ押さえます。

穴では福永騎手のメートルダールがイチオシ。なんだかんだ馬券内に持ってくる最近の福永騎手。今回はGIIでメンバーが強いですが末脚は確実。有力馬がモタつくようだと十分チャンス。

人気ないですが牝馬のサトノワルキューレも注意。切れ味だけなら牝馬で屈指の存在。展開ハマり待ちな脚質ですがテン乗りの四位騎手がうまく乗れば新味出ないかな…

買い目は三連複◎ー○▲★ー印の馬へ18点。
当たりますように!

ABOUT ME
トモゾー
84年生まれ、二児のパパ。転勤族、出張族。出張先での飲み歩きでお酒(特に日本酒)を楽しむ。 このブログは趣味の競馬と飲み歩き中心ですが、思ったことをテキトーに綴るユルいブログにしていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です