最終結論

2019ニュージーランドトロフィー、2019阪神牝馬ステークス結論!

お疲れ様です。

早くも週末がやってきました。桜花賞は堅そう!でも狙ってみたい穴馬も複数いるけど去年みたいにやっぱり堅かった…のパターンかな?

その前にまずは土曜の2重賞を攻略せねば!

2019ニュージーランドトロフィー

◎カルリーノ
○メイショウショウブ
▲アガラス
★グラナタス
△ワイドファラオ
△アフランシール
△ヴィッテルスバッハ
△ショーヒデキラ
△ミッキーブラック
△コスモカレンドゥラ

はい、手広いです笑

本命はカルリーノ。函館2歳ステークスの時から能力を評価してる1頭。現状、500万条件も勝ち上がれていない反面重賞でも上位に入る堅実派。イマイチ適正が掴めていない感じですが鞍上に石川騎手。エメラルファイトでスプリングステークスを制したように勢いある若手。期待です。

桜花賞でも穴人気したであろうメイショウショウブも好枠から先行してどこまで粘れるか。

距離短縮で新味が出るかアガラス、三浦皇成騎手が乗るグラナタスもしぶとさを活かして上位へ。

以下内枠の各馬、外枠は重賞戦線で走ってきたコスモ、ミッキーをチョイス。

馬券は◎カルリーノから三連複◎–○▲★–印の馬へ21点と馬連◎–印の馬へ9点。

2019阪神牝馬ステークス

◎ラッキーライラック
○ダイアナヘイロー
▲ワントゥワン
★レッドオルガ
△サラキア
△リバティハイツ
△メイショウオワラ
△ミエノサクシード
△アマルフィコースト

こちらはラッキーライラックが馬券内は堅いか。昨秋は体調一息で秋華賞を惨敗するも、立て直した中山記念では強い牡馬相手に2着に踏ん張る力走。やはり能力は1枚上です。調教も良さそうで特に捻らず本命。

対抗はダイアナヘイロー。しばらくはスプリント路線でしたがここ2戦は1400m。前走阪急杯もあわやの粘りを見せて6着。牝馬どうしのここなら200m延長も対応可能。

以下阪神マイルならディープ産駒ということでワントゥワン、レッドオルガ、サラキアをチョイス。穴はメイショウオワラ、ミエノサクシード、リバティハイツ、アマルフィコーストの非ディープ。

人気どころではカンタービレ、ミッキーチャームのディープ二騎を軽視。

馬券は◎ラッキーライラックから◎–○▲★–印の馬へ18点。

当たりますように!

ABOUT ME
トモゾー
84年生まれ、二児のパパ。転勤族、出張族。出張先での飲み歩きでお酒(特に日本酒)を楽しむ。 このブログは趣味の競馬と飲み歩き中心ですが、思ったことをテキトーに綴るユルいブログにしていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です