最終結論

2019桜花賞結論!鞍上もはや敵無し!?2歳女王が戴冠だ!

おはようございます。

昨日の重賞2つは散々な結果になりました…ニュージーランドトロフィーは◎カルリーノ、4角までは行けるか!?と期待感ありましたが包まれる、ヨレる、伸びないで悶絶。

阪神牝馬ステークスはラッキーライラック鉄板かと思ってましたがこれぞ競馬。道中の不利に加えて直線もまともに追えず、最後は鋭く伸びるも時すでに遅し。勝ったミッキーチャームは無印にしていたので潔く負け!アマルフィコーストもミエノサクシードも押さえていただけに何とも悔しい…

ただラッキーライラックはオルフェーヴル産駒らしく常識にかからない馬になってきたかも。あまり良い意味ではなくてメンタル的にアブナイ馬になりつつあるのでは。直線のササり方見てたらかなり怪しい。

そういう意味ではヴィクトリアマイルは危険な人気馬に指定しそうです。

では切り替えて桜花賞結論行きます!

2019桜花賞

◎ダノンファンタジー
○ビーチサンバ
▲クロノジェネシス
★エールヴォア
△ノーブルスコア
△グランアレグリア
△シゲルピンクダイヤ

この布陣でいきます。

◎ダノンファンタジーはチューリップ賞では馬群で我慢して直線は前が壁になりながら追い出しを待って、外に切り替えて差し切る完勝。叩き2戦目で勝ち時計、上がり3Fともにまだ詰まるはず。鞍上川田騎手も完全覚醒モードで特に捻らず本命でいいかと。

○、▲はクイーンカップ組。ビーチサンバはまだ完成途上という感じで荒削りながら末脚は確か。スタートをうまく出れば大崩れのイメージはないです。母フサイチエアデールの果たせなかった桜花賞。阪神JFの上位2頭とはまだ差があるかもですが他の馬には負けたくない一戦。

クロノジェネシスは血統の字面では測れない切れ味の持ち主。バゴ×クロフネならズブズブなイメージながら瞬発力がケタ違い。クイーンカップはスタートも決まりビーチサンバに完勝。馬体が440kg前後と小柄ですが今回は遠征なし。少しパワーアップしていればスケールは相当。ダノンの逆転候補となればこの馬が筆頭か。

次はエールヴォア。中距離中心に出走してきての桜花賞といえばヌーヴォレコルトやシーザリオといったオークス馬が思い浮かびます。能力の高さで馬券内に入り、適正の高いオークスで戴冠のパターンですが、この馬もスケールは相当。前走フラワーカップこそ想定より後ろからになりコントラチェックに逃げ切りを許しましたが、今回は内枠から逃げ宣言。ヴィクトワールピサ×ワイルドラッシュのパワー型でワンペースな馬。切れ味勝負に持ち込ませない展開ならあっと言わせるシーンまである。

以下ぶっつけ本番に不安があるグランアレグリア。計画的とはいえGIで牡馬相手に好走した反動と直行ローテを覆せるほど今回の相手は楽ではないはず。取捨選択に悩むディープ産駒ですが今回は評価下げます。

穴どころではチューリップ賞上位の2頭。相手なりに走れるノーブルスコア。内枠からそろっと伸びて馬券内のパターンは十分ある。

まだ底が割れていないシゲルピンクダイヤ。どこかミスパンテールとダブるダイワメジャー産駒なので惨敗も覚悟ですが、馬群を怯まない根性は多頭数でこそ活きる。大外枠が課題ですが未知の魅力もある。

人気どころではアクアミラビリスをどう見るか。前走エルフィンステークスの末脚は恐ろしいくらいの切れ味。ただメンバーが微妙なのと小頭数、スローペースと瞬発力を存分に引き出せる条件が揃っていたのも事実。もしかしてアーモンドアイ級の末脚の持ち主かも…の不安はありますが馬体が減り続けているのも心配で、ここは今回は見送りたい。

シェーングランツも現状ではオークス向きかと。東京で見せた切れと阪神マイルでここ2走追ってからの反応がイマイチ。最内から外に持ち出して一気に逆転できるほどの急成長は望めなさそう。

以上!

馬券は◎ダノンファンタジーから三連複フォーメーション。

◎–○▲–印の9点勝負!◎○▲は少し厚めに買います。

当たりますように!

ABOUT ME
トモゾー
84年生まれ、二児のパパ。転勤族、出張族。出張先での飲み歩きでお酒(特に日本酒)を楽しむ。 このブログは趣味の競馬と飲み歩き中心ですが、思ったことをテキトーに綴るユルいブログにしていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です