レース回顧

2019桜花賞振り返り。オークスに向けて狙いたい馬は数頭!

こんばんは。

1番人気、桜花賞ではなかなか勝てないですね〜。

では早速1番人気で敗れたダノンファンタジーから見てみましょうか。

スタートはまずまず、いつも通りやや掛かり気味の追走から先団の後ろ。外枠もあり前に壁がなく折り合いに難を見せるも、残り1000mの段階では落ち着きを取り戻す。

そして残り600m手前で一気にグランアレグリアが4番手あたりから先頭に躍り出る。朝日杯では外からアドマイヤマーズに被されたのと逆に外から被す形。ここでダノンファンタジーも動かざるを得ない立場になり直線へ。完全に抜け出したグランアレグリアを追って伸びるものの、外からクロノジェネシスとビーチサンバ、内からシゲルピンクダイヤも伸びる形。最後は早めに動いた分クロノジェネシスとシゲルピンクダイヤに先着を許し4着。

GIで1番人気、強力なライバルがいるとマークが厳しくなり両雄並び立たずの構図となりました。

勝ったグランアレグリアはともかく、5着までは展開次第で入れ替わるほど均衡。ダノンファンタジーはマイルでの安定感はあるものの距離伸びて良しのタイプではないし、シゲルピンクダイヤも然り。クロノジェネシスはもう少し落ち着きが出ればこなせる血統背景ではあるものの絶対的な存在でもないか。

ビーチサンバにオークスでは1番可能性を感じますね。

おっと、振り返りが終わってしまいそうなので個別にもう少々。

クロノジェネシスはダノンファンタジーと同じくスタート後に行きたがる仕草。直線は外に持ち出すのに手間取りロスの多い競馬ながらよく追い込み3着確保。オークスではまた東京遠征になるので、実績があるコースに変わる反面輸送減りとスタンド前発走での大歓声に注意。

シゲルピンクダイヤはスタート一息で後方から。大外枠から内に潜り込み上がり最速の32.7で猛追。オークスは血統的に父ダイワメジャーで距離に疑問も、母系からは十分こなす余地ありで扱いの難しい馬。後ろから行く脚質の馬は、案外オークスでも突っ込んで来れるだけに軽視出来ません。古くはワンダーパフューム、ファイトガリバー、プリモディーネなど。まあ穴評価で桜花賞を制した馬達と同等の評価はできるかなと思います。

距離不足の中、先行してどこまでやれるかを期待したエールヴォアは出脚が悪く後方から。逃げ宣言まで出ていたものの、内枠もあって前に出ることもできず。腹をくくって後方からこれまた最内を突くもプールヴィルが最後バテて外にヨレたところで万事休す。どちらにしても掲示板が精一杯だったと思いますが、オークスでの適性はこの馬が1番。ビーチサンバと共に出てこれば上位争いに期待。オークストライアルを使ったりしなければの前提付きですが…

シェーングランツは絞ったと見るか輸送減りだったか…-10kgを差し引いても物足りない内容。アルテミスステークスはエールヴォア、ビーチサンバが早めに動く中で仕掛けを遅らせた武豊騎手のファインプレーだったと見るべきで、以後の成長は今ひとつ。距離伸びて東京代わりはプラスでも現状ではワンパンチ足りない感じ。

以上印をつけた馬を中心に回顧しました。

ふー、スマホでここまで書くの疲れる!笑

PCだと家族に競馬とブログしてるのバレるのでしばらくはスマホ1本で書き続けます。

それでは来週の皐月賞をお楽しみに!

2年連続◎が勝っている相性の良いレース。

https://tomozou-umauma.com/2018/04/16/201804161/

ガツンと的中狙いたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
トモゾー
84年生まれ、二児のパパ。転勤族、出張族。出張先での飲み歩きでお酒(特に日本酒)を楽しむ。 このブログは趣味の競馬と飲み歩き中心ですが、思ったことをテキトーに綴るユルいブログにしていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です