レース回顧

2019マイラーズカップ、フローラステークス振り返り。

あっという間に週末終了!

今日は子どもの小学校へ行って、2年生の長男とキャッチボール。ずいぶんしっかりボールを捕れるようになってきて頼もしい限りです。

ではサクッと今日の重賞を振り返ります。

2019マイラーズカップ

ダノンプレミアム強かった…以上!笑

まあ展開スローで、逃げ粘る▲グァンチャーレを直線で射程圏、抜け出して後続を振り切る完勝。レースの上がり32.2じゃ位置取りが全て。

3着、4着の★パクスアメリカーナ、◎インディチャンプもよく伸びてはいるのでほんばんでも有力の評価は変わらず。

特にインディチャンプは+10kgとまだ余裕残し。折り合い面も安田記念本番ではもう少しペースが流れるでしょうし上積みはあるはず。

しかし雄大な大跳びのダノンプレミアムとパクスアメリカーナと対照的にピッチ走法のインディチャンプが必死に追撃する姿はなかなか面白かったです。本番は多頭数で紛れがあればこのピッチ走法が活きるかも!?

2019フローラステークス

こちらは逃げ宣言の△ウィクトーリアのスタートが決まらず中団待機策。▲ジョディーがすんなり先頭に立ってレースを引っ張る展開。開幕週の東京で、このメンバーなら逃げ残りがあるとみての3番手評価でした。

◎のフェアリーポルカは大外が厳しかったなぁ。ずっと外目を追走、直線は抜群の手応えで一気に抜け出すかと思いきや最後は脚色一杯で最内から○シャドウディーヴァ、大外からウィクトーリアが抜け出して接戦のゴール。

△○▲決着で馬連のみ的中…のはずが、馬券買うの忘れてた!

まあ、ほとんどトリガミみたいな配当だったので良しとしましょう。

オークスの勢力図を一変させるような馬はいませんでしたね。強いて挙げるなら堅実に脚を使うシャドウディーヴァ。スパッとは切れないながら長くいい脚を使えるタイプ。オークス本番で内〜中枠を引くようだと押さえたい1頭。

注目の芦毛のオルフェーヴル産駒セラピアは折り合いを欠いて自滅。新馬勝ちの内容と上がり3Fタイムが優秀だったので人気してましたが、やはり輸送とキャリアの差がある出たか。

一旦自己条件で作り直せば、秋にはまた重賞戦線に戻って来れそう。

以上簡単ですが回顧を終わります!

ABOUT ME
トモゾー
84年生まれ、二児のパパ。転勤族、出張族。出張先での飲み歩きでお酒(特に日本酒)を楽しむ。 このブログは趣味の競馬と飲み歩き中心ですが、思ったことをテキトーに綴るユルいブログにしていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です