最終結論

2019新潟大賞典結論!もしかしてケタ違いな馬かも。またまたルメールが持っていくか?

こんばんは!

天皇賞春は▲★△と3〜5番手評価決着となんだか微妙な結果…◎ユーキャンスマイルは見せ場らしい見せ場なく5着。エタリオウ、メイショウテッコン、クリンチャーを無印にしてみたり攻めはしたんですが…

軸が飛べばどうにもなりませんでした。

さて切り替えて新潟大賞典!

青葉賞では◎リオンリオンが1着!

ウーリリ、アドマイヤスコールを無印にしたりとなかなか調子上がってきたかな!?と感じております。

2019青葉賞結論!関連強いあのレースの勝ち馬から。おはようございます。 今日も結論のみ! ◎リオンリオン ◯トーセンカンビーナ ▲ピースワンパラディ ★ランフォザローゼス △カウディ...

そこへ来てハンデ戦新潟大賞典。

狙うしかない!

2019新潟大賞典

◎ロシュフォール
◯ルックトゥワイス
▲ブラックスピネル
★メートルダール
△エアアンセム
△ドレッドノータス
△メールドグラース
△アストラエンブレム

この布陣でいきます!

◎ロシュフォールはとにかく切れ味がハンパじゃない…スタートは若干怪しいですが致命的でもないし、道中下手に動かず直線だけで全馬スッパ抜いて来ています。今回はオープン昇格後いきなりの重賞挑戦でハンデ55kg。やや見込まれた感はありますがここで足踏みする器ではないはず。キンカメ×フレンチデピュティらしからぬ瞬発力タイプ。上がり3Fはもちろん、時計も十分に重賞クラス。まさかの大幅プラス体重にならなければここも通過点。

◯ルックトゥワイスはGII2着でハンデ55kgは恵まれました。究極の上がり勝負になると分が悪いように思いますが左回り平坦はベスト条件。ここは好勝負必死か。

▲にブラックスピネル。逃げ馬不在でゆったり流れるここは先手を取っても良さげ。メールドグラース、ドレッドノータスが絡んで来ることも考えにくいので粘り込みも十分に可能。

★はメートルダール。金鯱賞は馬場悪化が敗因。GIIIであれば確実に上位に来る安定感があり手が合う福永騎手。突き抜けるかは展開次第なところもありますが、能力上位。

△エアアンセムは不当に人気急落。前目で積極的に運べばローカルGIIIなら頭まであっても。鞍上も2戦目で掴んでいればチャンス十分。

△ドレッドノータスもここ2戦大敗ですが、そもそもにムラ馬。坂井騎手が思い切って乗れば先行策から押し切りがあっても驚けません。ここで最低人気にとどまる馬ではないし、変わり身に期待。

△アストラエンブレムも去勢手術から一年半。徐々に馬体も増えてきてそろそろ重賞制覇も…ただ57kgはずいぶん見込まれたなと。

最後は△メールドグラース。キレはないけど先行策から確実に脚を使える堅実派。鞍上レーン騎手は今週来日から着実に結果を出している外国人。54kgならしぶとく粘りこみも十分可能。

人気どころではミッキースワローを消し。GIで上位に来る破壊力ある末脚は魅力も、一か八か感が強いしここはまだ叩き台か。57.5kgのトップハンデで推すほどの魅力なし!青葉賞賞であっと言わせた、かつ馬券でもお世話になったノリさんですがここはごめんなさい。

クリノヤマトノオーも55kgで重賞でも通用しそうではありますがこちらも展開ハマり待ち。ジャンポケ×タキオンの平成を彩った素敵な配合ですが…ここは見送りで。

買い目は馬連で◎ロシュフォールから印の馬へ7点。

三連複は◎–◯▲–印の馬へ11点。

穴狙いのワイドは▲ブラックスピネルから★△の5点!

当たりますように!

ABOUT ME
トモゾー
84年生まれ、二児のパパ。転勤族、出張族。出張先での飲み歩きでお酒(特に日本酒)を楽しむ。 このブログは趣味の競馬と飲み歩き中心ですが、思ったことをテキトーに綴るユルいブログにしていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です