競馬雑記

馬券は買い方が大事!ワイドも点数絞れば回収率アップ!?

こんばんは。

ここのところスマホからの更新が多いですが…PCだと入力が楽なんだけど、古いので立ち上がるの遅いし、家族にこのブログの存在がバレてしまうのが何より×。

今後もボチボチ継続していきますのでよろしくお願いいたします。

馬券の買い方が重要!三連系だけが正義ではない!

馬券の買い方って競馬する人にとって重要な要素ですよね!って言う話です。

先週の重賞3鞍は、的中したのは福島牝馬ステークスの◎デンコウアンジュの単勝のみ。

しかし印を打った馬の狙いは良かったかなと思います。

では見てみましょう。

福島牝馬ステークス

◎デンコウアンジュ(4番人気1着)
◯ダノングレース(2番人気3着)
▲ペルソナリテ(9番人気4着)
★フローレスマジック(1番人気2着)

と印上位の馬が4着まで占める決着。

特にペルソナリテはダノングレースとハナ差4着と、あわや馬券内でした。

ちなみにこのレースの馬券は…

①◎デンコウアンジュの単勝

②▲ペルソナリテからワイド◎◯★へ3点

③▲ペルソナリテから◎◯–印の馬へ三連複9点

結果、デンコウアンジュの単勝6.0倍のみ的中となりましたが、ペルソナリテの強襲がありゴール前まで非常に楽しめました。

素直に◎デンコウアンジュから流しておけば馬連、ワイド、三連複全て的中出来ていたことになります。さらに言うと馬単、フォーメーションの組み方次第では三連単も取れていたことになりますね。

短期的には的中していればそれで良し。勝ち逃げして利益最大で終わるのが模範パターンでしょう。

しかし。

競馬は1年間の戦い。年間52週間あって1日12レースが2〜3場開催、土日が基本ですが3日間開催の場合もあります。

約3000ものレースがある中で勝ち組(ここでは回収率100%以上)になるためにはレースも買い目も絞ってかつ的中率を向上させる必要があります。

最終的には的中率より回収率となりますが、一か八かの大穴狙いで年間を戦うとすると莫大な費用と、先の見えない連敗に耐えうる強靭なメンタルが必要になることでしょう。

目先の高配当に目が眩み、ついつい三連系の馬券に手が出がちですがここは一旦冷静に考えてみましょう。

目を向けるは回収率のみ。払い戻し金額を競うのではない!

このタイトルを見ると先程の逆説を唱えているようですが誤解なきよう。競馬での勝ち負けは回収率が全てです。仮に的中率100%でも回収率が80%ならば当然負け組となります。極端な例ですが、全レース単勝全通り買うとこういう結果になるはずです。

ところで。

最近SNSや動画などで「ブッコミ」をよく見かけますよね?

確かに100万ぶっ込んで150万払い戻し!とか見ると、すげー!ってなりますが、それはあくまで「見せ物」としての驚嘆ではないですか??

確かに見ていて面白いし、堅い馬の単勝や複勝につぎ込んで50万も儲かるなら…という気持ちはわかります。自分もそう思うことはよくあります。でも考えてみましょう。(よく考えてみるほどのことではないので簡単に)

チャレンジ失敗したら、失うものデカすぎません?一部のユーチューバーさんならアクセス稼ぎのために必要な行為かもしれませんが、普通のサラリーマン(自営の人も)にはリスク以外なんでもないです。SNS映えのためにここまでやりますか??

長く競馬を続けるためには安定的に回収率を高めないと資金がショートします。

三連系で的中を狙うとなると、三連複で10〜15点、三連単だと30〜60点くらいが相場でしょうか。仮に三連複を5回に1回当てるとすると50〜75倍の配当が必要であり、三連単だと10回に1回と仮定すると300〜600倍が必要という計算になります。

どうですか?

データに基づいた数値ではなく、ブログを初めてから毎週競馬をし、さらに昨年からは地方競馬もやりはじめて感じている、あくまで感覚的なものですが非常にハードルが高く感じませんか??

目標は高ければ高いほど達成感がある!

…のは当然ですが、趣味程度で楽しむのにそこまでストイックに取り組む必要はないかもしれませんね。

それならば!とここ最近取り組み始めた馬連、ワイドの少点数買い。配当が三連系より安くても的中率は格段に上がります。

ちょっとだけ実例を。

2019青葉賞

1着◎ 2リオンリオン
2着★ 3ランフォザローゼス
3着▲ 5ピースワンパラディ

馬連2-3 21.2倍
ワイド2-3 6.5倍 2-5 14.9倍

が的中となりました。馬連、ワイドそれぞれ◎からの5点買いで回収率426%でした。

ちなみに三連複の配当は54.9倍なので◎からの5頭流しだと10点買いとなり549%でした。

確かにレース単体だと三連複のほうが収支が良いですが、もし3着にノーマークの馬が来ていたら??

馬連ワイドだと277%と最低限(というには美味しい配当)のカバーがあるのに対しに対し、三連複だと0%。

この違いは非常に大きいですね。

確かに逆のパターンもあります。

今期1番高配当的中はシルクロードステークス。

2019シルクロードステークス

1着◎ 2ダノンスマッシュ
2着▲ 8エスティタート
3着△ 18ティーハーフ

ワイド8-18 194.9倍
三連複2-8-18 733.5倍

が的中、回収率は3,094%とガッツリ。

買い方は三連複◎一頭軸で相手6頭流し15点、ワイドは相手ボックスの15点買い。

もし馬連流し、ワイド流しだとそれぞれ6点買いで馬連45.3倍、ワイド15.2倍、26.4倍となり回収率722.3%となったので及びませんが、正直これでも十分な配当です。

長期の目で見れば、安定感では馬連、ワイドが三連複を上回ります。

馬連、三連複。結局どちらが回収率が高いのか??みなさんこんにちは。 複勝街道へお越しいただきありがとうございます。 このブログ、このページに辿り着いたということは・・・ きっと...

今回のシルクロードステークスのように2頭も2桁人気の馬を馬券に絡めることは稀なので貴重なサンプルになりました。

ただ、長期的に勝つためにはやはり的中率も重要になります。

的中なくして回収率の向上はありえません。

今回のシルクロードステークスのような三連系の一撃必殺は確かに魅力ですが、そうそうありつけるものでもありません。

軸馬を見極め、コンスタントに馬連、ワイド、そして単勝、複勝を活用して的中率を上げつつ回収率アップを目指しましょう!

さて来週からは春のGI東京連続シリーズ。

ダービー、オークス、今年はアーモンドアイ、ダノンプレミアムに加えてビューティージェネレーションが参戦で大注目の安田記念など年間でも華のある期間となります。

バチっと当てて回収率上げていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
トモゾー
84年生まれ、二児のパパ。転勤族、出張族。出張先での飲み歩きでお酒(特に日本酒)を楽しむ。 このブログは趣味の競馬と飲み歩き中心ですが、思ったことをテキトーに綴るユルいブログにしていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です