最終結論

2019京都新聞杯結論!混戦を断つのは!?ダービーへ向けて波乱必至の一戦!

こんばんは!

10連休真っ只中、地方競馬も面白くて気付いたら週末…マイルカップの枠順発表があり金曜日と知らされたトモゾーです。

さて大混戦の一戦、ダービーに向けて権利を取るのはどの馬か!?

2019京都新聞杯

◎ヒーリングマインド
○タガノディアマンテ
▲モズベッロ
★ヴァンケドミンゴ
△トーセンスカイ
△オールイズウェル
△サトノソロモン
△ハバナウインド
△ブレイキングドーン

手広くなりますがこの布陣で!

ヒーリングマインドは外国産馬でタニノギムレット産駒という珍しい馬。未勝利を勝ち上がるのに時間を要しましたが、ここ二戦は強い内容。前走は馬群の狭い所を割って抜け出る味のある競馬。ブラストワンピースがルメール騎手に乗り替わりという非情な宣告を受けた池添騎手、ここで一発かましてほしいところ。

2番手は確実に末脚を使うタガノディアマンテ。基本的に人気しないタイプですが、流石にここに入ると実績上位。その分人気にはなりますが勝ち切るかというと脚質的にもちょっと怪しい…ただ末脚は計算が立つのでこの評価。

穴で狙いたいのがモズベッロ。初戦は脚を余す形で完敗も二戦目はミルコ兄さんが上手くペースを読んで捲って押し切る内容。迫られてからもしっかり脚を使ったように能力は高いはず。前走若葉ステークスも最後はしっかり伸びて来ておりヴェロックス以外とは大差ない着差。鞍上藤井騎手もここのところ話題になりませんが追える騎手であるのは間違いない。このメンバーなら一発あっても。

ヴァンケドミンゴは前走は直線詰まって追えず4着。すんなりなら突き抜けるだけの脚はありました。サンリヴァルの弟のためか?やてら中山を使われていましたが、ようやく関西圏での競馬。ルーラーシップ産駒らしく外回りで良さが出ればここでも十分やれるはず。

ディープ産駒が複数いますが、どれも積極的に買うには強調材料に乏しい…ので筆頭はアヴドゥラ騎手のサトノソロモン。雄大な馬体を持て余している感じですが素質は確か。乗り替わりで巻き返しがあっても。

ハバナウインドも穴で一考。岩田騎手に乗り替わり、ハービンジャー、社台RCと買いたい要素十分。あすなろ賞は早めに動いて直線もしっかり伸びて強い内容。若葉ステークスは折り合い欠いて良いところなく敗れましたがこのメンバーでは数少ない2勝馬。巻き返しがあっても。

武豊騎手のトーセンスカイも、父トーセンラー譲りの末脚が魅力。

ブレイキングドーンは実績上位ながら時計勝負の馬場に若干不安が。

人気どころではディープ産駒のロジャーバローズ、フランクリンを軽視。ロジャーバローズは先行策できるのは魅力も距離が若干長いのでは。末脚勝負になるとゴール前一気に飲み込まれそうな…

フランクリンは兄フランツが昨年敗れたリベンジ…と行きたいところでしょうが、同じく完成度が低く、体質も弱い。素質でどこまでといったところ。

以上、買い方は…。

馬連で◎ヒーリングマインドから印の馬へ8点。

ワイドは◎-○▲★の3点。

三連複は◎–○▲★–印の馬へ18点!

当たりますように!

ABOUT ME
トモゾー
84年生まれ、二児のパパ。転勤族、出張族。出張先での飲み歩きでお酒(特に日本酒)を楽しむ。 このブログは趣味の競馬と飲み歩き中心ですが、思ったことをテキトーに綴るユルいブログにしていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です