最終結論

2019NHKマイルカップ結論!ディープに終わりディープに始まる!?好枠活かした先行2頭から。

こんばんは。

連休は家族旅行で温泉三昧!あとは馬券が当たってくれたら最高なんですがね…

京都新聞杯はケチョンケチョンにやられました(T_T)

明日は東京連続GIシリーズのNHKマイルカップ。抜けた人気のグランアレグリアの扱いが勝負の鍵になりそう。

では見解を。

2019NHKマイルカップ

◎グランアレグリア
○ダノンチェイサー
▲グルーヴィット
★カテドラル
△アドマイヤマーズ
△クリノガウディー
△マイネルフラップ
△ヴァルディゼール
△ワイドファラオ
△ハッピーアワー
△ヴィッテルスバッハ
△ケイデンスコール

これで行きます!

◎グランアレグリアですが、桜花賞では直行ローテを嫌って消し扱いにしましたが、今回も悩みました…桜花賞レコードの反動は気になりますし牡馬との混合戦。朝日杯で後塵を拝んでいるだけに1着固定ではあまり強気に推せませんが、やはり搭載エンジンが違う可能性が高そう。桜花賞では完全に癖を把握し他馬を寄せ付けず。ここは馬券内確実視で。

○はこれまたディープ産駒のダノンチェイサー。この春トレンドの直行ローテで挑むわけですが、鞍上川田騎手も心強い。きさらぎ賞のレベルが低いとされますが、この馬は先行から突き放す楽勝。先週は平成最後のGI天皇賞春でディープ産駒ワンツー。土曜の京都新聞杯でもディープ産駒が2.3着と頑張りました。令和初のGIでもディープ産駒健在アピールなるか?

▲、★は外国人ジョッキーをチョイス。▲グルーヴィットのレーン騎手は先週の新潟大賞典を制すなど好調。馬自身も芝2戦目、初距離で一気のメンバー強化で不安もありますが、血統は平成を彩った名牝エアグルーヴを曾祖母(時代が流れるのは早い…)に持ち、父はロードカナロア。ポテンシャルの高さに期待。

★カテドラルも野路菊ステークスではヴェロックスを寄せ付けず逃げ切り。その後はチグハグな競馬が続きましたがマイルに短縮で復調気配。

以下末脚に賭ける馬を中心に手広く。

展開としてはイベリス、ワイドファラオが先手を主張、直後にグランアレグリア、アドマイヤマーズなど有力どころが構える展開で、ミドルペースになりそう。

強い馬はそこからさらに脚を使って勝ち時計1.32.5くらいになりそう。グランアレグリアが抜け出し、スタミナ面も融通きくダノンチェイサーも好枠を活かして粘り込み。アドマイヤマーズも上位争いでしょうが外枠から脚を使う分、最後は甘くなる可能性も。

となると、3番手以下は後方から「漁夫の利」を狙う馬を。アーリントンカップ、毎日杯から巻き返しを狙う馬たちにもチャンスあり!

最内の朝日杯2着クリノガウディー、松岡騎手のマイネルフラップ、シンザン記念勝ちのヴァルディゼール、NZTトロフィー勝ちのワイドファラオ、3着ヴィッテルスバッハ、ハッピーアワー、左回りで改めて見直したいケイデンスコールまで押さえます。

買い目は三連複◎–○–印の10点!

馬連は外国人ワンツーを狙って◎–▲★の2点で行きます!

当たりますように。

ABOUT ME
トモゾー
84年生まれ、二児のパパ。転勤族、出張族。出張先での飲み歩きでお酒(特に日本酒)を楽しむ。 このブログは趣味の競馬と飲み歩き中心ですが、思ったことをテキトーに綴るユルいブログにしていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です