レース回顧

2019ヴィクトリアマイル振り返り。またもや超絶レコードの府中決戦…レース後2頭骨折発覚で物議を醸し出す高速馬場。

こんばんは。

もう早くも週半ばですね〜。オークスの展望に進むブロガーさんが多い中ですが、私はマイペースに更新していきます笑

ではヴィクトリアマイルを振り返り。

2019ヴィクトリアマイル

スタートを決めたのは最内のアマルフィコースト。しかし◎アエロリットが押して押してハナを主張。クロコスミアは逃げず好位に控える形。▲プリモシーンはいつも通り後方待機。ラッキーライラックは先行集団を見る形で6番手あたり。府中らしく大きな動きもなく直線を向くもアエロリットのリードは4コーナーで3馬身ほど。切れるタイプではないのでちょうど良いかな!?と思って見ていると…

やっぱり後ろから有力馬が迫ってくる。

まずはミッキーチャーム。しかし伸び脚一息で並びかけるまでの勢いはなく、勝負圏内から脱落。勢いがあるのは馬場の真ん中から外。ソウルスターリングも伸びてきてラッキーライラック、ノームコア、1番外からはプリモシーン。残り200mを過ぎたあたりでいよいよアエロリットが捕まる。

ノームコアが先頭に立つところを大外からプリモシーン。その後ろにラッキーライラック、間をついてクロコスミア。

アエロリットもバッタリは止まらず。

ノームコアが抜け出して来日以来絶好調のレーン騎手が早くも日本のGI制覇。

勝ち時計は1.30.5の超速レコード。ハイペースで逃げたアエロリットが粘って1.30.9で走りきったことを1番評価したいと思いますね。

あとはプリモシーンも少しレースに幅が出てきそう。馬群の中でも折り合えて外に持ち出すとスッと反応して前に迫りました。この高速馬場では一列前にいたノームコアを外から差すのはほぼ無理。ジョッキーの腕力の差も出たような感じもしますね。

クロコスミアについては走り時がわからなさすぎ…ですが、人気薄なら押さえとけの典型ですね。逃げなくても結果が出た…というより無理に行かせず、本来の渋太さがこういう厳しい展開で先行抜け出しにシフトしたように見えただけかな。次走はメンバー次第でしょうがおそらく逃げたいはず。基本的に速い脚はないので控えても良さは出ないでしょうね。GIIIでねじ伏せる競馬も出来ない代わりに厳しいGIになるとヒョッコリ顔を出すクセモノ。

ラッキーライラックは古馬になって一線級との対戦になると抜けて強いという立場ではなくなった感。オルフェーヴル産駒らしく本質は小回りの方が良さが出そう。

馬場的には内も残るし外差しも決まるフラットな状態だったかと。

◯レッドオルガは失速気味のミッキーチャームに寄られて窮屈になりまともに追えず。もし不利なく運べれば掲示板はあったかなという感じで不完全燃焼。

次走気になるのはやっぱりアエロリット。安田記念を目指すと思われますが、海外帰りでの激走で反動が来るのでは…という思いと高速馬場でワンペースで行ければ相当強いという確信。ダノンプレミアムとの兼ね合い、アーモンドアイの鬼脚が脅威ですが上位争い必死。牡馬相手でも展開に左右されないのは強み。メンバー強化に伴って相対的に人気は下がるので引き続き狙ってみたいと思います。

以上振り返りでした!

そうそう、今日になって勝ち馬ノームコアに骨折発覚のニュース。非公式ではありますが3着クロコスミアにも骨折との噂…

レコード頻発の高速馬場が原因かどうかは一概には言えないと個人的には思っています。

馬場が悪くても危険を伴いますし、ボコボコの馬場でも危険。馬場に空気入れしたりしても速い時は速いし、馬の能力、調教技術の向上もあるでしょう。芝馬場だって植物である以上生き物。別に無理して高速馬場を作っているわけではないはず。

時計が出ない馬場になればなったで不満を言う人は出る。

ともかく人馬ともに怪我なくレースを終えられるよう願います。

オークスの展望は明日を予定してます。

お楽しみに!

ABOUT ME
トモゾー
84年生まれ、二児のパパ。転勤族、出張族。出張先での飲み歩きでお酒(特に日本酒)を楽しむ。 このブログは趣味の競馬と飲み歩き中心ですが、思ったことをテキトーに綴るユルいブログにしていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です